TOP
55.38score

tabularasa

スポンサーOvertex

【ビットコイン投資】テクニカル指標を有効活用しよう

皆さん、楽しいトレードは出来ていますか?
私はたまに損切りなど悔しい思いをしたりすることがありますが、楽しいですね。

皆さんは基本として、チャートのグラフを参考に買ったり売ったりしますよね。
ただ、それだけでは読みきれず損失が出てしまうことも…

そこで活用するのが、「テクニカル指標」です。
例としてZaifさんでは、チャートグラフの下に

[テクニカル ▲]

というボタンが有り、そこを押すと
・単純移動平均線 (SMA:5)
・単純移動平均線 (SMA:25)
・ボリンジャー・バンド (BOLL:20)
と表示され、選択するとグラフに線が追加されます。

今回紹介するのは、「ボリンジャー・バンド」です。
ボリンジャーバンドを選択すると、5本の線が追加されます。
これは、「相場は大体この範囲の中で収まるだろう」というもので、見方を覚えておけば利益が出る確率が高くなると思います。

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

この画像を見ると、一番上、下の線にグラフが触れた後、その逆の方向へ動いているのがわかると思います。
ここから分かることを簡潔に書けば、

「一番下の線に触れたら買い、一番上の線に触れたら売る」

ということです。
そして本人確認を済ませていて、信用売りをされる方は

「一番上の線に触れたら売り、一番下の線に触れたら買う」

とよいでしょう。

もちろん、その限りではない場合も多々あります。
触れた後、さらに上がり/下がり続けることもあるでしょう。

ですが、テクニックの一つとして脳の片隅においておいていただければと思います。

.

最終更新日:2016-03-21 19:34

コメント (0)