TOP
52.97score

tabularasa

スポンサーOvertex

ビットコイン取引をする上で覚えておくべきこと

書ききれなかった分の消化です。

儲け方には2パターンあり、

①安い時に買って高い時に売る
②高い時に売って安い時に買う

です。

一見すると同じように見えますが、よく考えてみてください。
①と②の大きな違い。

それは……取引完了後に持っている「通貨」です。
①ではビットコインを売って日本円にする、つまり日本円に替えるということです。
②はその逆で、日本円をビットコインに替えるということです。

堅実に稼ぎたい方は、逐一①の取引で取引を確定させていくのが良いでしょう。
ここで大事なポイントは、「日本円で持っていれば日本円換算での増減は一切ない」ということです。
日本円に替えることで、それ以上利益も損失も出ません。

【堅実に】今日から始めるビットコイン取引【広い心で】

↑の記事で書かせていただいた、安値の時に買って高値の時に売る
これはつまり、価値の変動するビットコインを持ち続けるという一種の「賭け」なのです。
「ビットコインで持っていると日本円換算での増減が常に起こる」のです。
たとえ前日に45000でビットコインを買っていて、上がることを期待してもったままレートが下がってしまった場合、
それは「損失」です。このまま持ち続けていれば更に価値が下がっていくかもしれません。

しかし、じっとこらえてビットコインで持ち続けていれば、相場が上がっていって「利益」に代わるかもしれません。
ココらへんは、どっしりと心構えを持つこと、ゆったりとした気持ちでいることが大事ですね。
ちなみに、価値の下がった通貨などを上がることに期待して持ち続けることを「塩漬け」といいます。
しかし、塩漬けしておく=持ち続けている間は一切取引ができない=回転率、効率が下がる
ということでもあるのです。

その「見極めが出来るようになる」までが、下積み時代だと考えてゆっくり頑張ってみましょう。

あなたも、ビットコイン取引、してみませんか?

.

最終更新日:2016-03-15 22:50

コメント (0)